お知らせ

●2018/4/21

1

■コリアン・マイノリティ研究会第172回月例研究会

「伊勢田ウトロ市営住宅」報告の集い・見学会・焼肉大交流会

1   

 宇治市伊勢田町ウトロ地区に、市営住宅の1期棟が完成した。今回はウトロを守る会

・ウトロ町内会主催の報告の集い・焼肉大交流会に合流する。

1

日時:4月22日(日)13:30~「報告の集い」・住宅見学

場所:城南勤労者福祉会館・ウトロ広場

http://www.pref.kyoto.jp/shisetsu/rodo002.html 

※航空写真で団地完成前のウトロ地区も見られます。

1

近鉄京都線「伊勢田駅」下車、10分

参加無料・焼肉代金2000円(飲み物代別)

主催:ウトロを守る会・ウトロ町内会 0774-41-7854

1

1

参考資料

【ウトロの春1】30年がかり安住の地『朝日新聞』

    https://www.asahi.com/articles/CMTW1804132700001.html

【ウトロの春2】離れたい気持ち 今は昔

    https://www.asahi.com/articles/CMTW1804142700001.html

【ウトロの春3】故郷の味 住民交流の場

    https://www.asahi.com/articles/CMTW1804162700002.html

【ウトロの春4】消える街 追うレンズ

    https://www.asahi.com/articles/CMTW1804162700003.html

【ウトロの春5】「尊厳守った 力がある」

    https://www.asahi.com/articles/CMTW1804182700003.html

【ウトロの春6】市営住宅建設 見届ける

    https://www.asahi.com/articles/CMTW1804192700001.html

【ウトロの春7】交錯する 寂しさと安堵

    https://www.asahi.com/articles/CMTW1804202700003.html

「在日住民ら市営住宅入居開始 京都・ウトロ、歴史的節目」『京都新聞』1月16日付け

    http://s.kyoto-np.jp/politics/article/20180116000012

「ウトロ市営住宅 完成 1期棟40世帯に鍵 宇治 /京都」『毎日新聞』1月16日付け

    https://mainichi.jp/articles/20180116/ddl/k26/010/365000c

1

関連資料

伊丹市「中村地区整備事業」    

    http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/SOGOSEISAKU/KUKO/nakamuratikuseibi/

1

映画『焼肉ドラゴン』

    https://twitter.com/yakiniku_dragon

    http://yakinikudragon.com/ 予告編あり

1

1

■「映像で見る朝鮮韓国在日」第30回上映会(資料上映)

1

 今も続く朝鮮学校弾圧を考える。

1

『朝鮮の子』

(1954年、製作:朝鮮の子制作委員会・在日朝鮮人学校PTA全国連合会・在日朝鮮人教育者同盟・在日朝鮮映画人集団。後援:日本子供を守る会・平和擁護日

本委員会、30分)※オリジナルシナリオ進呈

1

・『4.24の魂』(2008年、4.24阪神教育闘争60周年記念事業実行委員会、38分)

1

1

日時:4月26日(木)19:00~21:00 

場所:猪飼野セッパラム文庫 

参加無料(カンパお願い)・定員10名

主催:猪飼野セッパラム文庫

1

1

1

 

■第9回「猪飼野セッパラム文庫」ゼミナール 

「日本籍朝鮮人チョンヤンイ、半生を語る―公教育の場で初めての朝鮮語教諭として―

鄭良二(チョンヤンイ)さん(元大阪府立高校朝鮮語教諭)

1

 先月、エベレストベースキャンプトレッキングに行って来た。途中、私と同じ鄭姓の

韓国人と知り合った。私の名前が朝鮮名で日本国籍であることにいたく感心されていた

。彼は在日朝鮮人の多くが日本名であることを知っていた。その上、日本パスポートで

朝鮮名。私のパスポート上の綴りはCHONG YANGI。そう朝鮮語読みなのだ。

1

   在日3世の私は両親が在日2世。多くの2世が苦労したように両親も苦労した。移民の

子どもとして在日朝鮮人として差別され本人たちの意識も複雑に変容していた。在日と

しての「誇り」を持ちつつもそれを裏付けるものがない。差別されたことが心のオリと

なって通名を名乗ることが当たり前になっていた。その息子が日本国籍になっているに

もかかわらず大学で朝鮮語を専攻し、朝鮮名を名乗る。私自身、朝鮮人として生きるこ

とはまず、親との「戦い」から始まった。と、同時に朝鮮人たち(民族主義者)との戦

いにも参加。

1

  1970年代、日本籍者(帰化者、朝日ダブル)は在日朝鮮人社会の周辺人、少数者。そ

れらの矛盾がおかしくて仕方がなかった当時の私。行動でそれらの意識を潰すしかなか

った。大学を卒業して大阪府立高校の朝鮮語教諭となる。日本の公教育で初の朝鮮語教

諭。自身のメシの食いぶちとしては最高の仕事。

1

日時:5月10日(木)19:00~21:00

場所:猪飼野セッパラム文庫 

参加費:1000円

主催:猪飼野セッパラム文庫

1

1

 

■コリアン・マイノリティ研究会第173回月例研究会

    文庫3周年記念「猪飼野フィールドトリップ(入門編)」

1  

 今回は「猪飼野セッパラム文庫」開館3周年を記念して、文庫の見学をした後、猪飼

野フィールドトリップ【入門編】をおこなう。ふるってご参加ください。

1

1

日時:5月13日(日)14:00~17:00 ※終了後、韓国料理店で懇親会(実費)

集合:猪飼野セッパラム文庫⇒細工谷遺跡⇒鶴橋国際市場⇒疎開道路⇒御幸森神社⇒

御幸森朝鮮市場(生野コリアタウン)⇒大阪朝鮮第四初級学校⇒大阪市立御幸森小学校

⇒平野運河 

参加費:800円・大学生以下無料・要予約(懇親会参加の有無も)

主催:コリアン・マイノリティ研究会 http://white.ap.teacup.com/korminor/

 

1

 

1

 

●2018/3/15
■第8回「猪飼野セッパラム文庫」ゼミナール
「実務家が語る在留資格制度
~出入国管理及び難民認定法入門~」
上田景勇(うえだあきお)さん(行政書士)
1
日本人にとっては、普段「意識」をすることや「関心」を持つことが少ないと思われる外国人の在留資格について、主に法的根拠を中心に話をします。
入管法(出入国管理及び難民認定法)は専門性の高い分野であり、実務家にとって業務を的確に遂行する上で、関連法令・法務省の内部審査基準のほか実務上重要な運用・先例を正確に理解しておく必要があります。そのため厳格に話をすると、たいへん「眠くなる」恐れがあります。そこで、個人情報には充分配慮した上で、実務家ならではの具体的なケースも交えながら外国人の在留状況を紹介し、外国人在留資格制度に関心を深めていただければ幸いです。
1
1
[経歴]
1956年、大阪市生野区生まれ。現在、東大阪市在住。大阪外国語大学朝鮮語学科卒業。中学校教師をへて、現在、行政書士。
1
1
日 時:2018年4月7日(土)17:15~20:00
場 所:猪飼野セッパラム文庫
参加費:1000円・大学生以下無料
★配布資料準備の都合がありますので、必ず【ご予約】ください。 
★終了後、懇親会(2000円) 
★もちろん当日の飛び入りも歓迎 
共 催:
猪飼野セッパラム文庫 090-9882-1663 masipon@nifty.com
大阪外大朝鮮語学科卒業生有志 090-4284-0632 上田景勇(あきお)さん
1
1
■「映像で見る朝鮮韓国在日」第29回上映会(資料上映) 
NHK-ETV特集「金嬉老(キムヒロ)事件から31年~日本・韓国・在日社会への波紋~」
(1999年9月放映、44分)
1
日時:3月27日(火)19:00~21:00 
場所:猪飼野セッパラム文庫 
参加無料(カンパお願い)
定員10名
1
1
■コリアン・マイノリティ研究会
第171回月例研究会  
「解放後から1960年代までの在日朝鮮人の美術」
白(ペク) 凛(ルム)さん(東京大学大学院総合文化研究科博士課程)
1
私は朝鮮大学校の学部時代からこれまで、解放後の在日朝鮮人の美術に関心を持って研究してきました。今回の発表では、これまで約10年にわたっておこなってきた研究及び調査についてお話します。特に解放後から1960年代までの在日朝鮮人の美術家の生涯と作品に焦点をあてようと考えています。
発表内容は以下の3部で編成されています。
1
研究の概要:解放後から1960年までの在日朝鮮人の美術を知るための重要な史料である『在日朝鮮美術家画集』(在日本朝鮮文学芸術家同盟美術部、1962年1月発行)を取り上げ、ここから読み取れる在日朝鮮人美術家たちの活動や思想、交友関係を分析します。
1
研究方法:これまでにおこなってきた聞き取り調査と一次史料の収集についてお話ししながら、この研究の方法や、これを進めるにあたり発表者が心得てきた方向性を明示します。
1
研究内容:上記の『在日朝鮮美術家画集』に掲載されている美術作品を詳細に鑑賞し、その上で在日朝鮮人の美術の研究は、どのように可能であるのかを議論したいと思っております。
1
1
日 時:2018年3月29日(木)19:00~21:00
場 所:猪飼野セッパラム文庫
参加費:800円・大学生400円(会員200円引き)・高校生以下無料 どなたでも大歓迎
主 催:コリアン・マイノリティ研究会
1
1
■コリアン・マイノリティ研究会第172回月例研究会
文庫3周年記念「猪飼野フィールドトリップ(入門編)」
1
「トリップのルート」
猪飼野セッパラム文庫⇒細工谷遺跡⇒鶴橋国際市場⇒疎開道路⇒御幸森神社⇒御幸森朝鮮市場(生野コリアタウン)⇒大阪朝鮮第四初級学校⇒大阪市立御幸森小学校⇒平野運河
1
1
日時:4月22日(日)14:00~17:00 ※終了後、韓国料理店で懇親会(実費)
集合:猪飼野セッパラム文庫
参加費:800円・大学生以下無料 要予約(懇親会参加の有無も)
1
1